飲食系のバイトではナチュラルメイクがいい

清潔感が重要視される飲食店でアルバイトをするのであれば、女性はメイクにしっかりと気を使わなければなりません。

メイクをしないのもNG、だからといって濃すぎるのもNG。ではなにが適切なのか?と言いますと、ナチュラルメイクです。

とはいえナチュラルと言っても人によって感覚が違うでしょう。

同じメイクをしたとしても「このくらいじゃナチュラルとは言えない」と感じる人もいれば、「ちょっとナチュラルすぎたかも」と感じる人もいます。

いったいどのくらいを“ナチュラル”と呼ぶのか?と疑問に感じるのであれば、アルバイトを考えているお店へ行って働いている女性のメイクを見てみましょう。

郷に入っては郷に従え。そのお店の雰囲気にメイクを合わせるのも1つの手です。

ですが、どれだけメイクをナチュラルにしても“つけまつげ”は避けた方がいいです。料理への混入を危惧してつけまつげの着用を禁止している飲食店は多いため、普段からつけまつげを愛用していたとしても絶対に外しておきましょう。

つけまつげなんてそうそう落ちるわけない!という意見もあるかと思いますが、マニキュアと同じです。あくまで“見る人”、つまりお客さんのイメージなのです。

バイトに応募するための電話について

バイトに応募する場合は「電話」を使うのが基本です。
今は求人サイトが増えてきているためインターネットを使った応募もありますが、
すべての求人が求人サイトに掲載されているわけではありません。

店頭にバイト募集のポスターを貼り出していたり、
求人広告に掲載されている場合もあるでしょう。
そうなるとインターネットからの応募は特例を除きできませんので、
電話をかけることになります。

バイトに応募するため電話をする…これに不安を覚える人もいるのではないかと思います。
マナーが気になりますし、第一印象などを考えるとどうしても緊張します。

まず、電話をする時は気持ちを落ち着かせること。
それから職種に合わせて“暇であろう時間帯”を選び、電話をすること。
メモを用意して面接日時など大事な内容はすぐ書き残せるようにすること。
焦って喋ったりせず、声はハキハキと出すこと。

では電話でなにを話せばよいのかと言いますと、
求人情報を見てアルバイトをしたいと思い電話をした、と伝えるとよいでしょう。
面接の担当者が電話を代わったらもう一度同じことを言い、
面接のお願いしたいと話せば難しいことなく面接の約束ができます。

“面接は電話から始まっている”と言いますし、
気を抜かず取り組むようにして下さい。